情報セキュリティーに関する基本方針

当社はATグループ各社の情報処理を委託されており、それら全ての情報に関する 保護対策を万全に行っていく必要があります。

また、システム開発の必要性からテスト用のデータ又は情報として、お客様の保有する本番用データ又は本番用情報を借用する場合があります。

これらお客様所有情報について当社は借用期間中、それら全てのデータ又は情報に関 する保護対策を万全に行っていく必要があります。

さらに、当社の保有しているコンピュータ、ネットワーク機器などハードウェア及び ソフトウェアも含めた情報システムの障害はお客様に提供している情報サービスに多大な影響や場合によっては大きな損害を与えかねません。

当社の管理下にある情報及びコンピュータ、ネットワーク機器、ソフトウェア、人員を 「資産」と位置づけ、適切な安全対策を実施し漏洩、改ざん、破壊、事故等から保護・管理することは社会的責務であり、事業継続する上で不可欠なことと認識しております。

ここに、情報セキュリティ基本方針を定め、当社の基本的な取り組みを宣言し、当社が 保有している資産を利用する者すべてが、継続的な情報セキュリティ対策を推進するための基本方針とします。

2012年6月14日
トヨタ情報システム愛知株式会社
代表取締役社長 西尾 正